倫理とコンプライアンス

倫理とコンプライアンス

社内規定の適用

社内規定は、全ての企業に必要不可欠なものであり、当弁護士は各顧客の状況に応じて企業毎の規定づくりをきめ細かくサポートいたします。
 

倫理憲章・IT憲章の適用

国際的なグループに存在するソフトローの規範は、大部分が体系化しています。SEA AVOCATSは、腐敗行為防止やマネーロンダリングの規則に各企業が対応しているかの解読をし、プロジェクトとして規則遵守のプロセスを展開します。当事務所のチームは、内部告発窓口など、当事務所の規則と一致するようグループの世界的な憲章にも適合させています。

 

企業内での不正に対処する

不正が疑われたり摘発された場合、企業は大抵なすすべがありません。上層部は、不正や不正を犯した人物を早急に、そして効果的に処理したいという思いを持つ一方で、それに対する手続きや戦術、コミュニケーションで過ちを犯さないか不安になります。過ちを犯した場合、問題となった不正以上に深刻な事態をもたらす可能性があります。的があっておらず、きちんとした指導も行われないような調査行為は、会社や会社の幹部たちを危険にさらすこともあります。SEA AVOCATSは、不正を追及する専門チームの設置において、守秘義務をの遵守し、証拠連鎖の保存に関する法律面をカバーします。また、従業員に対する処分の手続き指導にあたり、ミスを回避しながらマスコミの沈黙を維持するよう、処理作業の細部にわたって広報担当者を参加させます。