再編成/構造改革

再編成/構造改革

従業員のモビリティを保証する

コスト面や実用面、象徴的な理由または時勢的な理由で、企業は頻繁に移転をします。SEA AVOCATSは、こうした変化において雇用者の皆様をサポートいたします。変更に際し、移転に関する合意交渉、CSEのコンサルティング、従業員の契約状況への影響評価、補則条項の準備、移転に伴う措置などの対処が求められます。

SEA AVOCATSを含め、モビリティ合意の条項(2013年施行の雇用安定化法由来)を取り扱う弁護士事務所はフランスで3ヵ所あり、当事務所は本件に関する労働総同盟(CGT)との訴訟で勝利を収めています。経験豊富な当事務所が、集団的業績合意(APC)の形をとるような手続きのサポートをいたします(「解雇を回避して厳しい経済状況に立ち向かう」参照)。
 

解雇を回避して厳しい経済状況に立ち向かう

競争力のための合意に続き、雇用維持のための合意に関係する「集団的業績合意」(APC)について検討する時が来ました。当事務所の弁護士は、個人よりも集団に力をあたえることを可能にするこの方法に関して皆様をサポートいたします。APCは、これまで一種の揺るぎない「法の戒律」ようなものであった契約上の既得権により安定していた賃金制度という保守主義的な概念に、コペルニクス的な改革の道を開きます。企業は、未来の市場動向、認識可能または予想可能な消費の変化、重要テクノロジーの変化などに適応し易くなりました。
 

人員を削減する

予防措置が行える場合、集団的合意解約制度は予め社会問題を軽減する対策として集団的対話合意となりえます。当事務所のチームは、中短期にわたる過剰人員の管理のためのこの制度を十分把握しています。私たちは、この改革に導いたテキストの準備に政治的にもアソシエーションへも重要に取り組んだため、哲学的な根拠や実際の適用を誰よりもよく理解しています。

準備が不十分だった場合や市場動向が急すぎて予測できなかった場合、雇用保護計画(PSE)は人員調整システムの要となります。当事務所のチームは、こうした困難な状況において、この決定とプロセスに関わる雇用者側と被雇用者側の感情面を過小評価することなく、企業の皆様をサポートいたします。SEA AVOCATSは、こうした状況処理に特化した専門家とともに、PSE合意の交渉を容易にし、適応した方法が予算の枠内に収まり、研修や再分類という点で従業員数員や労働組合の期待に応えるよう、人事部長に最善のアドバイスをいたします。